2014年04月05日

HIT TRENDER London レビュー2

応援下さい!にほんブログ村 ポンド円

■安心してエントリー 一定時刻の配信
HIT TRENDER Londonのシグナル配信の時間は毎日決まっていて、夏時間では、14:15と16:15と2回配信されます。ヒロは、今まで様々な有料のシグナル配信を利用した経験があります。配信の可能性が24時間あるとなると、一見すごく有利なサービスに思えます。しかし、専業トレーダーでも無い限り、全ての配信されたシグナルに対応出来ません。いや、専業トレーダーも睡眠を取りますから、シグナル配信をする人と同じ生活サイクルをしない限り100%エントリーなんて出来ません。でもエントリー出来なかったシグナルに限って、利益が出たりするんですよ。また場合によれば、利益確定、損切り、仕切りもシグナルで配信されていたりするんで、結構ヤキモキしてストレスが溜まります。

このように毎日同じ時刻にシグナル配信され、そしてエントリー時にリミットとストップを設定する、HIT TRENDER Londonは、誰がトレードしても同じエントリー、同じ利益で安心してサービスを受ける事が出来ます。ヒロの場合は、配信時間近くになるとエントリーの準備をしています。

■いつでもモバイルトレード

殆どの取引会社で携帯電話でのトレードに対応していますので、携帯電話での取り引きも良いですね。取引会社によって使い勝手が違いますので、操作の判りやすい取引会社を見つけると良いです。ヒロも多くの取引会社の口座を持っていますので、今後テストをして、操作のスマートな取引会社があれば、また情報をお知らせします。

■信用出来るシステムトレードとは?
システムトレードでも毎日勝ち続ける事は不可能です。とよく言われます。また、プロや専業のトレーダーでも勝ち続ける事は不可能です。1日や2日の損失は損失では無くプラスやマイナスの損益が有って、そして1週間や1ヶ月を時には1年でトータルしてプラスとなるものと言われます。また全てのエントリーをせず、特定の時間だけのエントリーは正確にはシステムトレードとは言えないかもしれません。

この様に日々の勝ち負けに一喜一憂せずにトータルで損益を見なければなりません。そんな事を言っても、たった一日の負けでも翌日はエントリーに躊躇したり。負けが続くとストレスが溜まります。本当は、負けが続いてもストレスの溜まらないレバレッジでトレードする必要があるのか。またシステムを信じる事、メンタルを鍛える事が重要だと思います。

ちょっと話しがズレましたが、このHIT TRENDER Londonの結果を見ていただくと判りますが勝率に注目です。ロンドン?のプロトレーダーは凄腕です。過去の結果も公表されていますし、ヒロのリアルトレードは過去に公表されている勝率よりも良かったりするのが、ちょっと恐いです。レストランのサンプルより大盛りのスパゲッティが、実際に出てきたって感じですか(笑)

■利益、勝率をアップする限定情報は会員サイトで
会員限定サイトには、日々のシグナルの結果と考察が書かれていて毎回更新されています。この情報を参考にすれば、今後の戦略のヒントとなりますね。

また1回目のシグナル配信(1stといいます)と、2回目のシグナル配信(2nd)の関係、つまり1回目で逆指値が約定しないケース、約定してもリミットまでいかないケース等々、様々なケースにおいてのトレードのルールが指示されています。これは、今までの結果や状況のノウハウの凝縮です。最初はこのルールに従ってトレードすれば良いと思います。

また、最近更新された情報の「マネーマネジメント術」は秀逸ですね。以前、投資の書籍で読んだ事は有ったのですが、過去の実績から具体的な説明が書かれていて、早速実践出来、利益も確実に伸ばせるマネーマネジメントですね。この情報だけでも価値があります。
posted by ヒロ at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

HIT TRENDER London レビュー 1

応援下さい!にほんブログ村 ポンド円

こんにちは、ヒロです。

昨日購入して今日からシグナル配信が開始ですが、まだルールが良く判っておりません。先行して、HIT TRENDER Londonの会員専用のホームページアドレスとパスワードが来ましたので、早速内容のチェックをしました。最新情報がいつも提供されているようで、またシグナルの結果についても、日々更新されています。
ユーザーとしては、結果までフォローされるという事は安心ですね。
このシグナルのエントリーでのテクニカルはポンド円のブレイアウト手法で、逆指値にHITすれば、ついていくという感じです。そしてBUY、SELL同時に配信されて、一方がHITすれば片方は注文を取り消すと言う感じです。L50,L100と50pips,100pipsの2種類のリミットを決め、そして指定されたストップ値を入れて、基本はほったらかしです。
posted by ヒロ at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。